大会・集会‎ > ‎

日本芝草学会主催 公開シンポジウム2014 「芝草病理学研究を俯瞰する」

■日 時
    2014年11月30日(日) 12:30 〜 17:15

■会場
    明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー 8階 1083教室 
    〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 (TEL 03-3296-4545(代))

■最寄駅からのアクセス
    JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
    東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
    都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

■主 催
    日本芝草学会

■参加費
    2,000円(講演要旨集代含む)
    学生は無料
※ 事前登録等は不要です。直接ご来場ください。

■ 主 旨
芝草の病害に関して、芝草病理学の研究史から,現在,問題となっている芝草栽培現場における最新の病害事例研究やその防除技術について,国内でご活躍されている演者の皆様にご講演頂き,過去から現在に至るまでの芝草病理学研究の成果を広く概観する機会として,本シンポジウム「芝草病理学研究を俯瞰する」を企画致しました。
本シンポジウムを通し,従来からある芝草病害の何が課題として残されているのか,これから問題となる病害の危険性とその対策について,植物病理学と芝草研究を様々な角度から見つめ,情報提供を頂くことで,日頃から芝草にご関心をお持ちの皆様に有益な知見と議論する機会を提供できることを願っております。
運営委員会

■ 運営委員会
    学会会長
        小笠原 勝 (宇都宮大学)
    運営委員
大里 修一 (明治大学農学部)
矢口 重治 (理研グリーン)
長倉 亮一 (日本芝草学会企画担当理事)
桑田 茂 (明治大学農学部)
    顧 問
        米山 勝美 (元芝草学会会長,元明治大学農学部)

■ シンポジウム事務局
    〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
    明治大学農学部 植物病理学研究室
    E-mail : turfdisease@jsts-online.com

■ プログラム 
11:30 ~
受付開始
12:30 〜
はじめに
    日本芝草学会長挨拶
小笠原 勝
    歓迎挨拶
山下 修一
    概要説明
        大里 修一

座長:大里 修一
12:45 ~ 13:30 (講演40分, 質疑応答5分)
「我が国における芝草病害研究を俯瞰する」
    一谷 多喜郎 (関西グリーン研究所)
13:30 ~ 14:15 (講演40分, 質疑応答5分)
植物病理学研究の最新話題提供
―病原菌の起源・分化を、共進化・分子系統・遺伝子・染色体に探る―」
    有江 力 (東京農工大学)
休 憩 (15分間)
座長:矢口 重治
14:30 ~ 15:05 (講演30分, 質疑応答5分)
「芝草病害の発生状況の変遷」
    田中 明美 ((有) 緑地科学研究会)
15:05 ~ 15:40 (講演30分, 質疑応答5分)
「東日本エリアでの芝草病害虫の発生動向」
    稲森 誠 (東日本グリーン研究所)
休 憩 (10分間)

15:50 ~ 16:25 (講演30分, 質疑応答5分)
「病害鑑定業務分析結果からみる芝草病害発生動向」
    早川 敏広 (理研グリーン)
16:25 ~ 17:00 (講演30分, 質疑応答5分)
「芝草病害と防除薬剤―耐性菌発達のリスク―」
    梅本清作 (千葉県生涯大学校)
~17:15
おわりに 
Comments